HOME → 発掘調査ニュース

発掘調査ニュース

令和5年度 発掘調査ニュース

(写真をクリックすると大きくなります)

高猿第2号古墳(安芸高田市吉田町)

高猿第2号古墳の発掘調査終了

【調査期間】令和5年4月10日 ~ ~6月2日

〔調査の概要〕

高猿第2号古墳は、土砂災害に伴う砂防ダム建設に伴う発掘調査で、調査開始時には石棺(SK1)の蓋石と側石の一部が露出した状態でした。斜面の高い方を削り盛り土として利用し、低い方は削って墳形を整え、地山の石材を利用して貼石としています。SK1は規模から小児用の石棺と考えられ、棺内から刀子片が出土しています。SK1から南西側にSK2、北西側にSK3を新たに確認しました。いずれも箱式石棺で、SK2内から人骨の頭部と大腿骨の一部が出土し、頭位側の蓋石の外側から曲げられた「ヤリガンナ」が出土しています。SK3の蓋石は抜き取られており、棺内に蓋石の破片が残っており高猿城跡の築城時に使用された可能性が考えられます。

古墳が立地する丘陵の高所は、3基の古墳の墳頂を平坦に削平にするとともに裾を円柱状に削って帯廓としています。また、同一丘陵の先端部にも古墳を利用した廓があり、第2号古墳も調査前は平坦で長方形であったことから廓の一部として機能していたと考えられます。

古墳が築造された時期は、石棺の築造方法や「ヤリガンナ」の形態から概ね4世紀前半頃と考えられますが、人骨の鑑定や詳細な築造時期については、これからの課題です。

余談ですが、SK2の蓋石の西端の石材と西から3枚目の石材が接合し、一枚の石であったことがわかりました。とても珍しい例と思われます。

  • 作業風景(北西から)
    作業風景(北西から)
  • 作業風景(北西から)
    作業風景(北西から)
  • 空中写真北から
    空中写真北から
  • 作業風景
    作業風景
  • 貼石検出状況北東から
    貼石検出状況北東から
  • 石棺検出状況(南東から)
    石棺検出状況(南東から)
  • SK2葺石検出状況(北から)
    SK2葺石検出状況(北から)
  • SK2ヤリガンナ出土状況(北から)
    SK2ヤリガンナ出土状況(北から)
  • SK2蓋石接合状況
    SK2蓋石接合状況

このページの先頭へ

沖の城跡(東広島市安芸津町風早)

海城跡の発掘調査

【調査期間】令和5年6月26日 ~ 令和6年2月上旬(予定)

〔調査の概要〕

沖の城跡の発掘調査は、一般国道185号改築事業(安芸津バイパス)に伴うものです。
沖の城跡は、南東に伸びる丘陵の先端に築造された山城跡で、現状では主郭から下側に3段の平坦面が帯郭状に廻っています。城跡の南側は昭和に埋め立てられて宅地となっていますが、もとは海に面した海城です。標高は約20mで、令和2年に調査を行った水除浜塩田跡からの比高は15mです。郭の上からは三津湾全体が望めます。

城跡の北側に船繋場と推定される池があり、城跡の調査と合わせて発掘調査を行います。
県内での海城跡の発掘調査は丸山城跡(尾道市向島)・俵崎城跡(尾道市瀬戸田町)・葛城跡(豊田郡大崎上島町)に次いで4例目と少なく、船繋場とともに調査の成果が期待されます。

  • 空中写真(北から)中央の山が沖の城跡・手前の空き地は水除浜塩田跡<br />写真左側の宅地は昭和の埋め立て
    空中写真(北から)
    中央の山が沖の城跡
    手前の空き地は水除浜塩田跡
    写真左側宅地は昭和の埋め立て
  • 沖の城跡近景(北東から)
    沖の城跡近景(北東から)
     
     

このページの先頭へ

正藤遺跡(福山市神辺町)

弥生時代の集落跡を調査

【調査期間】令和5年4月10日 ~ 8月(予定)

〔調査の概要〕

正藤遺跡は道路改良工事に伴うもので,調査区から約800m東には,環濠をもつ弥生時代の集落跡や古墳時代前期の円墳が造られた亀山遺跡があります。試掘調査では弥生土器がみつかっており,弥生時代の集落跡がみつかると期待されます。



  • 調査前近景(西から)
    調査前近景(西から)
  • 調査区のようす(東から)
    調査区のようす(東から)
  • 作業風景(東から)
    作業風景(東から)

このページの先頭へ

中山城跡(福山市草戸町)

芦田川を見下ろす山城

【調査期間】令和5年5月8日 ~ 9月(予定)

〔調査の概要〕

中山城跡は芦田川下流域の西岸にある標高46ⅿの独立丘陵上に立地しています。調査は福山沼隈線道路改良工事に伴うもので,城跡のある丘陵を東西に貫くトンネル工事にかかるものです。令和3年度にも調査を行い,今年度の調査区は前回東側調査区の隣接地にあたります。

前回の調査では15世紀代の陶磁器がみつかっており,城が機能していた時期の遺物と考えられます。今年度の調査でも引き続き城に関連する遺構や遺物がみつかると期待されます。

  • 空撮(令和3年度・西から)
    空撮(令和3年度・西から)
  • 調査区のようす(東から)
    調査区のようす(東から)
  • 調査区から芦田川を臨む
    調査区から芦田川を臨む

このページの先頭へ